Certified Nurse認定看護師が特定行為を実践するためのメソッド5選

認定看護師へのキャリアアップ
スポンサーリンク
たかの
たかの

最近特定行為研修を修了した人が増えてきたね

ともさん
ともさん

私の周りにも少しずつ増えてきたけどなかなか実践できてないみたい・・・・

たかの
たかの

そうなんだ、私は特定行為を実践できてるものもあるよ。

じゃあ今回は特定行為を実践するためのコツについて書いていくね。

どうも〜たかのです。

今日は自施設で特定行為実践を行うためにやるべきことをまとめていきます。

最初に結論を言います。

自施設で特定行為を行うためには実習の時から区分毎にいつ、どこで、どのように実践するか考えておくことです!

では実際に特定行為を実践するために考えるべき5つのことを説明します。

スポンサーリンク
職場のリアルがわかる転職

特定行為を臨床現場で実践するために行うこと5選

1.実習で指導者から意見をもらうこと

2.いつ実践するか

3.どこで実践するか

4.手順書は自施設に適しているか

5.自施設が特定行為をどのように考えているのか把握すること

この5つが大事です。では何故大事なのか解説していきます。

特定行為を臨床現場で行うために〜その1 実習で指導者から意見をもらう

まず1番初めに行うことは実習に行った時に指導者から特定行為の活用について意見をもらいましょう。

特定行為の実習施設になっているということはある程度特定行為を知り、実践をしたことがあるかたが多いです。

例えば特定行為区分に応じた対象者の見つけ方などアドバイスがもらえます。

実際に私も実習をした時に対象者を探すことが難しかったので相談にのってもらいました。

実習指導者はしっかり利用して自分が使うことまで考えよう!!

またただ特定行為を行うのではなくデメリットも併せて聞いておきましょう。

ちなみに私が以前指導したかたは「CV抜去を早めに行えれば感染を防げるのではないか」と言っており、カテーテル感染を予防したいと言ってました。

しかし、抜いたあとのルートはだれが入れるのか?もし抜去した後にルートキープ出来なかったらどうする?ということを聞きました。

特定行為を実践するだけではなく、その後のフォローもして下さいと伝えました。

特定行為を臨床現場で行うために〜その2いつ実践するか

いつ実践するのかは特定行為研修中に考えていたほうがいいです。

理由は簡単、これを考えてないと実践はできないからです。

私は長期呼吸管理に係るものと栄養、水分と瘻孔管理の特定行為を取得してます。

しかし、その中の長期呼吸管理に係る気管切開チューブの交換に関してはほとんど実践できてません。

しかし、栄養水分は年間1200件、瘻孔管理は年間20件程度実践しています。この差はなにかというといつ実践するのか決めているからです。

私はNSTに所属しているので栄養水分の調整についてはチーム医療の中で実践しています。瘻孔管理は胃瘻交換なのですが、月に2回胃瘻外来で実践しています。

じゃあ気管切開チューブの交換は??

気管切開チューブの交換に関しては対象は日にちを設定していません。

理由は交換する頻度は一定にできないと考えていたからです。

でも・・・・気管切開チューブの交換も日にちを調整したら実践できるので今後調整していく方向で考えています。このためいつ行うのか考えることが重要です。

特定行為を臨床現場で行うために〜その3 どこで実践するか

どこで実践するかということですが、先に書いたいつ実践するかということにも当てはまります。

どこでというのは部署内で行うのか、それとも横断的に行うのかということです。

私の場合はNST胃瘻外来という場所を絞っています。しかし、持っている特定行為区分によっては横断的にはできないものも多いです。

部署内でどうやって活用するのか考える必要があります。

(間違えば医者からも看護師からもいいように使われるようになるのでさじ加減を考える必要があります。)

特定行為を臨床現場で行うために〜その4 手順書は自施設に適しているか

特定行為を実践するには手順書が必要です。

しかし、皆さん手順書を自分のスキルや施設の状況に合わせて変更していますか?

もし、厚生労働省から提示されている手順書のままなら使いにくいかもしれません。

自分のスキルがないまま特定行為実践をするのは危険なので特定行為の幅を狭くすることも必要ですが、狭くしすぎて実践できないということもあります。

そのため施設の状況に合わせた手順書に修正することが必要です。

特定行為を臨床現場で行うために〜その5 自施設が特定行為をどのように考えているのか把握すること

これは特定行為研修を修了したなかまと話していたことです。特定行為として実践できるかどうかは施設が特定行為修了者に求められている役割にもよります。

この言葉が入っているところは実践する件数が多くなると思います

それは・・・・・タスクシフトです。

最近では医師業務のタスクシフトを全国的に推進されていますよね。

この言葉が病院目標などに書かれていると特定行為実践を推進していきたいと考えていると思っていてもいいと思います。

特定行為を実践できない施設の特徴

特定行為実践ができない施設はいろいろありますが3つ特徴があります。

1.医師がたくさんいる

2.特定行為に理解が乏しい

3.在宅領域

このようなところでは行うことが難しいですね。在宅領域は自施設と連携しているなら実践可能ではあります。しかし、ほかのかかりつけ医が理解できていない可能性もああるので実践できないこともあります。

まとめ

特定行為を実践するための特徴についてまとめてみました。

実際に私が実践していることなのですが、皆さんはどうでしょうか?ちなみに私は特定行為を修了した人は認定看護師を目指してほしいと思っています。その理由はこちらを見てください。Certified Nurse 認定看護師へのキャリアアップを目指す理由5選~特定行為研修を修了した強みを活かす~

特定行為研修を修了してさらに認定看護師になると横断的な活動を行いやすくなります。非常に大変ですがやりがいもあります。

ぜひ目指してもらいたいです。

今日が人生が一番若い日です。

1%でも認定看護師になりたいと思っているならぜひ目指してください。認定看護師のめざしかたも書いているので参考にしてください。Certified Nurse 認定看護師のなりかたからその後のキャリアアップまとめ

では本日もありがとうございました!!

たかの@認定看護師ブロガー

名前 たかの
年齢 35歳
職業 看護師
専門 脳神経外科 神経内科
資格 
摂食嚥下障害看護認定看護師
特定看護師在宅ケアモデル修了
認定看護管理者研修ファースト修了

28歳で転職して認定看護師へ
認定看護師を目指すコツや方法、キャリアアップ、看護学生に向けた国家試験の考えかた解き方のポイントなどをアップしていきます。もし聞きたいことなどあれば問い合わせからご連絡をお願いします!

たかの@認定看護師ブロガーをフォローする
認定看護師へのキャリアアップ
たかの@認定看護師ブロガーをフォローする
逆襲のCertified Nurse Man

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました