看護師国家試験を解いてみた~Part3 一般問題 加齢現象

看護師×いろいろ
スポンサーリンク

どうも~たかのです

今日は第110回看護師国家試験の一般問題を解いてみようと思います。

状況設定問題は患者のイメージがある程度できますが、一般問題っていろいろ考えることが多いんですよね。

実際の臨床で考えていることを書いていきます。

問題1

加齢に伴う血管壁の硬化による血圧への影響はどれか

1.収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下する。

2.収縮期血圧は低下し、拡張期血圧は上昇する。

3.収縮期血圧も拡張期血圧も上昇する。

4.収縮期血圧も拡張期血圧も低下する。

解説

加齢に伴い血管壁が硬化するのは脂質沈着などの影響があります。今回は動脈硬化すると血圧がどうなるかということですね。

私の答えは3です。

収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧が低下するということは脈圧(収縮期血圧-拡張期血圧)に差があるということです。動脈硬化すると血管が硬くなった分を全身に血液を送り込むのに力が必要なので収縮期血圧が高くなります。また脈圧が大きくなって、さらに意識障害を認める場合には脳神経系のクッシング症候群を疑う必要があります。

2の場合だと脈圧の差が小さくなっているということです。これは動脈硬化ではなくなにかしらの心疾患かショック症状ではないかと考えてしまいますね。

3の場合、動脈硬化すると本来なら弾性のある血管から弾性がなくなるので全身へ送りだす収縮期血圧と全身に送り込まれた血液が戻ってくる拡張期血圧も高くなるということですね。臨床でもこのような場合があります。

4の場合は収縮期血圧、拡張期ともに下がるとなにかしらの原因で心不全状態の可能性も考慮します。

問題2

加齢よって高齢者が便秘を起こしやすくなる原因で適切なのはどれか

1.経口摂取量の低下

2.味覚の閾値の低下

3.腸管での水分吸収の低下

4.直腸内圧感受性の閾値の低下

解説

これは1ですね。

純粋に経口摂取量が減ることで胃が拡張しないので腸管の蠕動運動が低下しますよね。このため便秘になりやすいと言えます。

2は味覚の閾値が低下すると逆に味を味を感じやすくなりますね。逆です。(笑)

3は腸管での水分吸収の低下はありえます。でも便秘の原因なので水分が吸収されないということは下痢になるならあってますね。

4も直腸内圧感受性の閾値の低下ではなく上昇ですね。閾値が低下すると逆に過敏になるということなので

問題3

高齢者がMRI検査を受ける前に、看護師が確認する内容で適切なのはどれか

1.「夜はよく眠れていますか」

2.「義歯を装着していますか」

3.「呼吸が苦しいことはありますか」

4.「水を飲むときにむせることはありますか」

解説

これはMRIを知っていれば問題ないですね。MRIは機械で磁気を作り体の組成を解析して画像にするものです。なので答えは2です。義歯は金属が付いていることもあるのでついたままだと機会のほうへ飛んで行ってしまいます。昔は酸素ボンベがMRIに飛んで行ったという事故もあったようなので気を付けることが必要です。

夜は良く寝れているかは目的にもよります。最近不眠であると訴えがあれば考慮がいりますが、MRIを受ける前に確認することではないですね。

呼吸が苦しいということは疾患によっては臥床すると呼吸困難が出現することがあります。なので一概には間違いとは言えないですが優先順位は低いです。

むせを確認するのはMRIではなく、他の検査の時ですね。例として腸管造影などでバリウムなどの造影剤を飲み込んでもらう場合にはこの声掛けは必要です。

回答

問1 1

問2 1

問3 2

また1問間違ってしまいました。残念です!

ですが、これは私の考え方が違っていたようです。収縮期血圧の考え方は良かったのですが、拡張期血圧は弾性、収縮性が低下するから弱い力で心臓へ戻ってくるということでした。いい問題ですね。自分が誤って覚えていたことが訂正できました。(笑)

まとめ

今回は一般問題を解いてみましたが基本的な考え方が問われていますね。

今回、自分自身の誤った認識を正すきっかけにもなったのでよかったです。

このブログでは臨床現場に働く看護師の考え方をさまざまな職種のかたに知ってもらうためにいろいろな国家試験を解いていきます。

では今回もありがとうございました!!

たかの@認定看護師ブロガー

名前 たかの
年齢 35歳
職業 看護師
専門 脳神経外科 神経内科
資格 
摂食嚥下障害看護認定看護師
特定看護師在宅ケアモデル修了
認定看護管理者研修ファースト修了

28歳で転職して認定看護師へ
認定看護師を目指すコツや方法、キャリアアップ、看護学生に向けた国家試験の考えかた解き方のポイントなどをアップしていきます。もし聞きたいことなどあれば問い合わせからご連絡をお願いします!

たかの@認定看護師ブロガーをフォローする
看護師×いろいろ看護師×看護師国家試験
たかの@認定看護師ブロガーをフォローする
たかのブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました